事業承継をするなら専門機関に依頼してみよう

新しい需要を掘り起こす

握手

その道のプロに支援を頼む

新規事業を展開する場合には日本国内の別の地域に支社等を作るのが一般的ですが、最近ではインドネシアのような海外に目を向ける企業も増えています。インドネシアに会社設立をする利点は市場が成熟していないため、需要性が高いという点です。需要の内容を把握して上手く対応していくことで会社設立の成功に繋げることができます。競合他社が山のように存在する日本で勝負するより、インドネシアで新しい需要を開拓する方が費用対効果が高いというわけです。会社設立をする際、真っ先に行うべきは現地に詳しいコンサルタント会社の協力を得ることです。日本とインドネシアは言語や宗教といった文化がまったく違い、そういった環境で日本の常識を無理やり当てはめようとするとかなりの確率でトラブルになります。もちろん、会社設立に必要なノウハウを独学で習得することも理論上は可能ですが、法律等まで理解しなければいけないのを考えるとかなりの勉強が必要です。インドネシアの事情に詳しい専門家に支援を頼めばトラブルの種を未然にもみ消せるのはもちろん、勉強すべき事柄が少なくなる分だけ本当に重要な商品やサービスの開発に時間を割けます。これまでにもインドネシアに進出して大きな成功を収めている企業はたくさんありますが、そのほとんどは思い付きで行動したわけではなく、周到な準備の上で経営を軌道に乗せています。会社設立は開業した後よりも前段階の準備が大きなカギで、それを考慮するとその道のプロにサポートを頼むのは賢明な作戦と言えます。