事業承継をするなら専門機関に依頼してみよう

握手

新しい需要を掘り起こす

日本国内に支社を作るのではなく、思い切ってインドネシア等の海外に目を向けてみるとよりたくさんのビジネスチャンスをものにできます。インドネシアに会社設立をする場合は現地に詳しいコンサルタント会社の協力を得るのが確実で、文化の違いからくるトラブルを未然に防ぐことができるからです。

男性

接骨院の頼れるサポーター

柔道整復師が接骨院を開業する際、さまざまな角度から業務支援を行ってくれるのが接骨師会という職能団体です。開業準備時に相談にのってくれたり、保険請求における委任払いを取りまとめたりと、事業を円滑に進めるためのサポートを提供してもらえます。

事業を受け継ぐパターン

複数の人

状況にあったM&Aを実施

オーナーなどが他の誰かに事業を渡すことを事業承継といいますが、これにはいくつかのパターンがあります。高齢化を迎えたオーナーが親族などに譲渡する場合、あるいは続けても損失が出てしまう事業を他社に任せるという場合です。事業を吸収、合併などを行って所有するオーナーが変わってしまうのがM&Aとなっています。適切に状況にあった事業承継を行っていかないと様々なデメリットが生じてしまうので、注意していきましょう。極端な話をすると廃業などを選択するとそれ以降先が何もなくなってしまうのです。事業承継は難しい手続きなどを必要とする取引なので、専門のコンサルタントなどに仲介を依頼するべきといえます。M&Aにおいてはオーナーが変わることによる業績の悪化を防ぐことが大切です。人や物などの経営資源を維持し、経営を円滑に行っていくために入念な準備を行ってから契約を締結していきましょう。親族に事業承継を行う場合は軽い気持ちになりがちですが、しっかり書類作成を行うことで信頼される事業承継となります。社員から見ても安心できる事業承継にし、国や自治体からも認められる事業にしていきましょう。親族への事業承継の場合は、契約が滞りなく終わった後のPMIをしっかり行っていくことも大切です。後継者の育成や事業の引継ぎなどを適切に行わなければ、事業は上手くいきません。そのあたりの支援もコンサルタントから受けることができるので、事業承継を実施する前から準備していきましょう。

メンズ

新規顧客の開拓

海外からの観光客を受け入れて事業規模を拡大したい場合には、インバウンドビジネスのセミナーに参加するべきです。言語に加えて文化の相互理解を深めたり、個人旅行客向けのオーダーメイドのプランを用意するのが、賢い経営戦略です。